カテゴリー別アーカイブ: WiMAXと他回線

WiMAXのエリアは他のモバイル回線よりも狭い?

モバイル回線は基地局のないエリアでは電波が繋がりません。なので、繋がるエリアと繋がらないエリアがあるわけです。WiMAXは、他のモバイル回線よりも繋がるエリアが狭いという意見が見られました。

これは、ある程度事実です。各公式サイトでエリアを調べることができますが、WiMAXのエリアとLTEやY!mobileのエリアを比べてみると、確かにWiMAXのエリアが狭いように見えます。

ただ、私はエリアの広さというのはそれほど問題ではないように思います。

WiMAXを使うエリアは自分の生活範囲に限られているので、そのエリアで使えれば問題ないですよね。他のエリアで使えようが使えまいが、意味はありません。

契約する前にピンポイントエリア検索などでエリアを確認すると思いますが、それで使いたいエリアで使えるなら他のエリアの広さはあまり関係ないですよね。

また、出張などで遠出するときに使いたいのでエリアの広さは重要という人もいるかもしれません。WiMAXでも都市部なら大体使えるので、おそらく問題ないでしょう。

WiMAXとフレッツ光回線の比較

こんにちは。今回は、WiMAXとフレッツ光を比較したいと思います。

以前は固定回線とモバイル回線を比べるなんてとんでもない話でしたが、最近はモバイル回線が高速化し、固定回線以上の速度がでることも一般的になってきました。そこで、WiMAXと光回線どちらを契約スべきなのかという話をしたいと思います。

WiMAXは220Mbpsという速度が出ます。光回線は、ぷらんによって変わりますがマンションだったら100Mpbだったり、1軒屋なら1Gbpsの速度が出ることプランもあります。最大速度なら、光回線の方が速いですし、安定感も固定回線に軍配が上がります。

しかし、実際に光回線のような超高速回線が必要なシチュエーションはあるんでしょうか。本当に必要な回線速度がどれくらいかわかっていますか?

実は、回線速度は10Mbpsほどで十分と言われています。インターネットを使う中で、回線速度を最も必要とする作業はオンライン動画を見ることですが、それには3〜5Gbpsあれば十分だと言われています。光回線の100Mbpsとか1Gbpsという速度は、あまり必要ではありません。家族4人で同時に使う場合でも、20Mbpsあれば十分です。なので、WiMAXでも十分な速度が得られるということです。

本当に光回線のような超高速回線を高い料金を払い、工事をして導入する必要があるのか考える必要があります。

WiMAXで十分な速度が得られるなら、外にも持ち運びができるWiMAXのほうがメリットがありますよね。

次に、料金面での比較をしてみたいと思います。

料金は、光回線が月額料金5000円から6000円程度、さらに工事費や、高額な初期費用がかかる場合もあります。

WiMAXなら、月額料金は3000円から4000円台前半で、初期費用が3000円程度、端末代金は通常20000円以上しますが、新規申し込みなら0円というプロバイダーも多いです。さらに、30000円以上のキャッシュバックキャンペーンや、1万円以上のタブレット端末プレゼントキャンペーンを行っているプロバイダーもあります。

料金でもWiMAXのほうが光回線よりもまさっていることがわかります。

それから、光回線はマンションタイプだと本来の速度を発揮できない場合があります。例えば、20部屋のアパートだと、1つの光回線を10部屋で分けあって使うということがあり、速度は本来の10分の一です。これに高い料金を支払うのはばかばかしいですよね。

回線が集中する夜の時間帯だと、回線速度がかなり遅くなり、WiMAX以下の速度しかでないということも普通にあります。

自分に必要な速度はどのくらいか?ということをよく考えて検討する必要があるでしょう。